So-net無料ブログ作成

お久しぶりのデイモス [漫画&アニメ]

びっくらこきました。
一体、いつの間に連載を再開してたのか?

「悪魔(デイモス)の花嫁」

オバちゃんと同じ時代を生きた「漫画っコ」なら
おそらく、読んだコトはなくても、タイトルは知ってるかと。
それぐらい、(オバちゃんの中では)名作です。
そして、オバちゃんが、まだ堂々と胸をはって
「少女漫画」を読めた乙女だった頃に
大好きだった漫画です。
な、懐かしいー♪

し、し、しかも、ですよ!!(興奮MAX)
新作として、コミックまで発売されてました。ウキャー


悪魔の花嫁最終章 1 (1) (ボニータコミックス)

悪魔の花嫁最終章 1 (1) (ボニータコミックス)

  • 作者: 池田 悦子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/06/16
  • メディア: コミック

先日、たまたまアマゾンのTOPで、 ↑ を見つけたんです。
そして・・・魂が鼻から抜け出すほどカンドーしました。

だって、この漫画ねー。
今まで、未完だったんです。
結末がわからないまま、17~8年ほど放置されてましてね。
ホント、ある時、突然プッツリ!!ですよ。
いったい最後は、どんな幕引きになるのだ???と
小粒な胸が、期待でGカップにまで膨らんでたトコへ
いきなりプッツリ・・・。(がっくし)
当時オバちゃんは、もう続きが気になって気になって。
何度、眠れぬ夜が続いたコトか・・・。(ウソです)
これにくらべりゃ、「地下鉄をどっから入れたのか?」なんぞ
とてもじゃないが、鼻×ソ同然。(お下劣、失礼)
この結末の謎の比じゃねーぞ。

ここで。
今までのあらすじを、ちょこっと説明。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古代、まだ神々が、この世を支配していた頃のオリンポス。
同じ海の泡より生まれた兄妹であるデイモスとヴィーナスは
いつしか、お互いを愛するように・・・。
しかし、その禁断の愛は、大神ジュピターの怒りにふれ
二人に下されたのは、天界からの追放と辛く厳しい罰。

兄・デイモスは、黒い翼と、ねじれた角をもつ
恐怖の神(悪魔)へと身を落とし
美の女神であった妹・ヴィーナスは、黄泉の国・死の沼で
生きながらに朽ち果ててゆかねばならない。

デイモスは、愛する妹・ヴィーナスを救うため
現代でのヴィーナスの生まれ変わりである美奈子を
見つけ出す。
美奈子を自分の花嫁に迎え、美奈子の身体を
ヴィーナスに与えるために。

けれど、次第にデイモスは、ヴィーナスの代わりとして
ではなく、美奈子自身に惹かれ始める。
ヴィーナスと美奈子。
どちらかを選べば、片方を犠牲にすることになり
その想いに、身動きできずにいるデイモス・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・ってな感じです。
しかし、↑のように、デイモスから熱烈ラブコールを受けても
カタブツ美奈子は、一向になびきません。
恐怖し、拒絶しまくります。

もったいない・・・。

当時のオバちゃんは、そのよーな美奈子に対し
「なんってガキんちょなんだ」と思ってました。
(自分が、ほんとの「ガキ」だったくせに)

だって、そーでしょ。オバちゃんならね。
デイモスほどのオトコであれば、迷わずついてくぞ。
「是非、持ってって」って感じだな。
えぇ、熨斗にくるまって待ってるだろーよ。
ちなみにデイモスは、アンチ・ロン毛のオバちゃんが
何の抵抗もなく許せた、貴重なロン毛キャラです。

あ、・・・で、そもそも、この漫画。
オバちゃんは、大好きだったにもかかわらず
なんで、途中で連載が中止されたのかは
まーったく知らんのですけどね。
数年前、改めてネットで調べてみたコトがあります。
いろんな(憶測の)理由が、つらつら書かれてましたが
正直、どれもイマイチよーわからん。
どこまで真実?って感じ。

作画(あしべゆうほ)と、原作(池田悦子)が
それぞれ別の方で構成されてる漫画なんですが
「両者の意見が対立し、決裂した」とか
「あしべ先生が重病で、長期療養中」だとか
はたまた、「池田先生が死んだ」とかのトンデモ話まで。
(すべてウラはとってません、あしからず)

まぁ、理由はどーであれ、もはやこの漫画が
オバちゃんの生きてる間に再開されるコトはないな、と。
すっかり、すっぱり、あきらめてました。
・・・そ、それが、再開。 夢じゃーなかろか?
あぁぁ、生きてる間でよかった。
もう、すっかり乙女じゃなくなっちまったが。
こ、これは絶対、何としても

読まなければっ。

と、感動で震えまくる手で、アマゾンのページをクリック。
この本に関する説明を、読んでみました。
レビューもあったので、ついでにそっちも。
・・・・・・・・。
辛らつです。
皆さん、ひっじょーに辛口。
かなり、こき下ろされてますねー。
まぁ、「画力の低下」と「ストーリーの不出来」が
レビューを書かれてる皆さん共通の意見なよーで。
(それが事実なら、大ショックですが・・・)
もともと、とてもキレイで細かい描写が特徴の画風。
それが・・・低下? 向上じゃなく?
しかも、骨格をなすストーリーがダメダメって。
それって、致命的では?

いや、いやいやいやいや・・・しかーし!!
そんな些細なコト(でもないんだけど)は、目をつぶろう。
とにかくとにかく、今のオバちゃんは
「続きが読みたい」、その一点のみっ!!
(何年、待ったと思ってるんだ)
衝動を抑えきれず、ぴゅーん!と購入しにひとっ走り。
そして、すぐに鬼のごとく読む、読む、読む。

ぶっちゃけ、恐ろしいほど一気に読めました。
あまりに内容が浅すぎて・・・。
なんじゃ、こりゃ???
なるほど、アマゾンに書いてあったレビューは
今なら、すべて理解できるぞ。
確かに、これは酷い・・・酷すぎる。
(昔に比べて)

まず、目に付くのが「絵柄」。
画力は、ホントに落ちてますな。
各キャラの美しさが、すっかりごっそり失われてます。
まぁ、美奈子なんぞは、どーでもいいんですが
麗しのデイモスが、どことなーくブサイクなのは
心が痛い。 ものごっつ哀しー。
絵柄だけじゃなく、キャラ設定も若干違うような?

それでも個人的には、これらは許容範囲です。
だいたい、初期の連載開始時の絵柄なんぞ
泣きたくなるほど酷いし。
その連載開始時の、ぶちゃいくなデイモスはコレ 。↓

【ありえないポーズの初期型デイモス】 ↓
080624_120551.jpg

ちなみに、絶頂期の麗しいデイモスはコレ。 ↓

【絶好調な休載直前のデイモス】 ↓
080624_112113.jpg

今回の最終章でのデイモスは、
この絶頂期よりは、ちと落ちます。
アゴが、猪木化してるよーな気が・・・ね。 ↓

【ちょっとがっかりな最新のデイモス】 ↓
080922_134842.jpg

そんなコトよりも、オバちゃんが、さらにもっともっと
「ありえへん」と思ったのはストーリー。
この漫画は、もともと、主人公(美奈子)をはじめ
他の主要なキャラ等は設定されてますが
全体として、大きな話の流れはあるものの
基本的に、短編の一話完結ストーリーが
オムニバス形式で展開されていきます。
まぁ、例えばドラマ「相棒」みたいな感じに。
(ちょっと違うか?)

1冊のコミックには、その短編ストーリーが
5~7話くらい収録されていました。
でも、この「最終章」は・・・なんと、たったの2話。
しかも、2つ目の話は、前編・後編にわかれており
今回は、その「前編のみ」の収録。
・・・これは、何の嫌がらせ?
暴れたろか。

いや、でもね。
これも、ストーリーが面白ければ別にいいです。
面白ければ、次が楽しみだし。
・・・んがっ!!
今回、そのストーリーの内容が一番酷い。
あまりに酷すぎる・・・。(あくまで、昔と比べて)
ダラダラと長いわりには、いったい何が言いたいのか?
(書きたい、か?)
まーったく伝わらないんですけど。
なんか、意味不明です。起承転結がないよーな。
読み終わっても「何だったの?」って感想しかないぞ。
これは、オバちゃんの頭が悪いのか?
(確かに、それは否定しないが・・・それだけ?)

さてさて。
とりあえず、個人的な感想。
過去作品よりは、すべての面でスキルダウンしてますね。
あまり過度な期待をせずに、淡々と読むべき作品かと。
もはや、絵柄とかストーリーとかはヨコに置いといて
ただただ、「結末を知るためだけ」に読むべきかと思います。
オバちゃんは、そうします。
まぁ、今のところ、結末はまだ遠そうですけど・・・。

ところで。
これって・・・ちゃんとラストはくるんでしょーねェ。
きっちり、終わってくれるんでしょーねェ。
また休載ってコトはないの???
(富樫先生のよーに・・・)
ちょっと、不安になってきました。(T T)
オバちゃんが、生きてる間にたのんます。
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 10

eight

むはーーー!!!
ついに出てましたか!?!?って 喜んだのもつかの間・・・
なんじゃ?そのディーモスは!?
って ちょいビビリました。

単行本を買ってたのは姉なんですが、
続編が出るらしい事は ちょっと前に知ってて
姉に通報したところ、興奮する妹(私)をしりめに
ちょいめんどくさそうに 今さら続編買うのも面倒的コメント。

んじゃー続きは、わしが買ったろーじゃんか!と
意気込んでたんですが。。。ちょっと萎えました。笑

でも あしべゆうほさんは現在も「クリスタル☆ドラゴン」で
素敵な絵を書いてるから、たぶん彼女自身の画力の低下は
ありえないだろーと思ってます。
きっと アシスタントに任せてしまったか
もしくは・・・デビルマンの見すぎか・・・
はたまた 腱鞘炎だったか・・・

に してもありえないディーモスにビビリ中です。マジで。
by eight (2008-06-24 22:19) 

ねこきち

あうあうあうあうあうΣヽ(゚Д゚; )ノ ~
「悪魔の花嫁」再開ですかそうですか。
私も読んでました。でも未完結のまま休載になったことすら知らなかった程度の読み方でした。

始まった時、あまりにもクラシックな少女漫画絵でめまいすら覚えましたが、話が意外に面白くて
ハッピーエンドじゃないのがまたよかったです。

そっか、休載直前のデイモスって、あんなにきれいだったのか。
で、最終章の絵、拡大図を見ましたが
表紙だけなら、そんなにひどくはなさそうに見えますが
だめですかそうですか。
いずれにしても話がおもろないのはいけませんね。

つか、ももじさんのリンクでアマゾンのページに跳んだら
「王家の紋章」も紹介されていて、倒れました。
あれ、まだやってるんですか?
あの絵は耐えられなくて全然見てないのですけど
ちょっとはましになったのかな?
by ねこきち (2008-06-25 10:09) 

ももじ

☆eightさん☆
私よりはるかに若いeightさん。
「悪魔の花嫁」知ってるの~?
お姉さんの影響かぁ・・・私と同年代くらいかな?
なんにせよ、再開を知ってたのはすごいっ!

あ、そうそう!!
上記記事にある「ありえないポーズ」のデイモスは
今回、再開された最終章の絵柄じゃーないっす。
1975年の初期作品・第1巻のですよん。
まぎらわしかったですね・・・すんまそ。
(ちょっと訂正しときます)

最終章での絵柄は、もうちょっとキレイなんで、ご安心を。
(決して、あんなデビルマンではなく・・・ ^^;)
絶頂期のデイモスよりは、確実に「変」になってますけど。
美奈子なんぞは、かなり不細工かと。
(必然的にヴィーナスも)

でもね、絵は許せるんですよー、私は。
問題は、マジで「ストーリー」です。
いや(アマゾンでのレビューにもありましたが)ひょっとしたら
その「見せ方(作画)」にも、問題があるのかも。
かつての、短く簡潔なストーリー展開では、まったくない。
間延びしてて・・・面白みゼロです。
あんな感じで意味のない連載をするぐらいなら
とっとと「結末だけ」書いてほしー。
それぐらい、ガッカリしました。

by ももじ (2008-06-25 10:11) 

ももじ

☆ねこきちさん☆
やはり、読まれてましたね?(ニヤリ)
きっと、そーだと思ってました。(笑)
私も、正直、好みの絵とは言いがたいのですが
「デイモス」のみストライクゥー♪・・・です。

休載直前というか、ある時期からは、デイモスが
ひっじょーに美しいです。
言葉遣いとか態度が、ねこきちさん一押しのネウロっぽいし。
イカシてます。

最終章1巻では、実はデイモス、あんまり登場してません。
チラっと出るくらい。正直、こんだけ?って感じ。
(カラーイラストなんぞが、最初に数枚ありますけど)
でも・・・皆、絶頂期よりは、確実にブサい。
あの最終章の表紙デイモスは・・・釣りです。(笑)

そうそう!「王家の紋章」!!
今回の最終章にも、その広告チラシみたいなモノが挟んでありましたよ。
実は私、去年あたり「連載してる」ってのを何かで読んだんですよ。
でも、まさか~と思ってましたが・・・マジでしたね。
そのチラシの絵を見る限り、まったく画力は向上してません。(きっぱり)
正直、あの絵は、私も苦手です~。
「王家の紋章」は、ねこきちさんの「悪魔の花嫁」ごとき読み方してました。(笑)
細川先生って大先生なのに・・・すっげーキャリアなのに。
なんで、あんなにヘタOソなのか?
あの絵を、ずーっとキープするのも、ある意味スキルか?(笑)



by ももじ (2008-06-25 10:27) 

ビルさち

『悪魔の花嫁』、タイトルは記憶にあるがストーリーは全く知らない。
昔は苦手なタイプの漫画だからかな???
何で、久しぶりに発行されたんだろ?
アシスタントが代わったから絵のタッチが違うとか???
↑『王家の紋章』も最後まで読んでないなぁ。

by ビルさち (2008-06-25 14:45) 

かめぞう

最終章の表紙、めちゃ!ビジュアル系おっとこまえじゃないですか!?
しかし、絶頂期よりもおちるんですか・・・
まっ、初期型とはまるで別人!!ですね。

残念ながら、その漫画読んだことがなくて・・
未完のまま今まで20年近く放置って恐るべし!!
そして再開したら、話が面白くない・・・
ガッカリですね。
いままでの巻が良すぎたのでしょうか(^^;)

こんど古本屋さんで絵の移り変わりをチェックしたいと思います!
by かめぞう (2008-06-25 15:29) 

ちょろ太

昔の名前でこんばんは~♪
いやぁ~わかりますわかります、そのお気持ち。
わたし、ガラスの仮面が大好きで。
でも、42巻がねぇ結構みなさん酷評下してまして。読んでないんですけど買う気にならない。
ほんとに紅天女の話から続かないって感じで。
悪魔の花嫁同様、完結するのかよ?してくれよ!!と懇願しちゃいます。
by ちょろ太 (2008-06-28 01:42) 

ももじ

☆ビルさち☆
「悪魔の花嫁」は、ホラーファンタジーとかいうジャンルになるらしく・・・確かに、そういう内容になってます。
絵も独特だし・・・やはり、好みがわかれるかも?
私もぶっちゃけ、絵は好きじゃーないっす。
ただ、ストーリーは教訓めいてて深いですよ~。
「笑うせぇるすまん」っぽい。(笑)

しかし、なーんで急に再開しだしたのか?
先生達、死期でも悟ったのかしら?
絵のタッチが違うのは、確かにアシスタントのせいもあるかもしれないですね・・・。
17~8年前とは、絶対違う人達だろうし・・・
でも、それだけでは決してないよーな?(^^;
も、ほんと、余計な話は織り込まなくっていいんで
さっさとラストだけ書いてください、両先生・・・。


---------------------------------------


☆かめぞうさん☆
表紙は、とっても男前デイモスです。
(それでも、絶頂期に比べれば落ちてる気が・・・)
しかーし!!
あの表紙は、思いっきり「釣り」ですね。
本の中身のデイモスは、もっとブちゃいくです!
ま、ほとんど登場してませんけど・・・。(^^;

20年近く放置してて、急になんで再開したのか?
・・・・・・は、謎です。
ファンが待望してたのは、間違いないですけどね。
私のよーに、すっぱりあきらめ、忘れてた人も多いはず。
今さら何故、このタイミングぅ~?なんでしょーかね?
再開は嬉しかったですが、このレベルでの再開は
ちょっとビミョー。

ちなみに今までの巻は、おおむね良かったですよ~。
初期は・・・・・・・・・・・かなり酷いですけど。(笑)
なんせ、あの画力だし・・・ストーリーも、かなりお粗末。

是非、古本屋で「画力の推移」を、ご確認ください。


---------------------------------------

☆ちょろ太さん☆
あ、お懐かしいHNですね~。

ところで、「ガラスの仮面」!!
あれも・・・そーいや、まだ未完でしたね。
私、コミックを自分で買うほどファンではなかったですが
当時、この漫画が大好きな友人がいまして。
いつも、彼女から借りて読んでました。
いま、どーいった展開なんでしょう?
それにしても「紅天女」・・・
懐かしい言葉です。ウンウン・・・

「王家の紋章」も「ガラスの仮面」も
そして、この「悪魔の花嫁」も・・・無事、完結してほしいです。
とにかく、さっさと。(笑)
by ももじ (2008-06-28 13:43) 

ちょろ太

↑王家の紋章もまだ未完なんですかぁ~~~?!
全然関係ないですけど、私の大好きだった少女漫画「イタズラなKiss」も未完です。作者急逝のため。。。もう10年近く前の話ですが、その話をきいてえらく沈みました。今はテレビで深夜アニメになってますけどね!実写版で今旬の子を使って、やってくれないかしら~なんて夢が広がります。

そして、前レスにでていた「ゆうぞうさん」
今や徳島の星なんですか?!徳島ではどれくらい騒がれてるのかしら?気になる~~~。今度ドラマに出演ですよ~しかも月9,体育教師の役だそうで。あぁ~ワクワク。「太陽と海の教室」、織田裕二さんの主演です。
by ちょろ太 (2008-06-29 12:18) 

ももじ

☆ちょろ太さん☆
「王家の紋章」、確か未完のはず。
今、月刊プリンスにて連載中だそーですよ。
この「悪魔の花嫁 最終章」に、そのよーなチラシが
はさまってました。(^^;

「イタズラなKiss」って、タイトルだけは知ってます。
あ・・・読んでないですけど。(笑)
作者急逝っていうのは・・・悲しいですね。

あ、そうそう!ゆうぞうさん。
おそらく、ちびっ子のママさん達には
徳島でも、絶大な人気じゃーないかと思います。
(あくまで、私の妄想ですけど・・・)
・・・が、私のよーに、子供がでっかくなってる人は
あまり知らないと思います・・・。(笑)
でもでもでも。
子供番組でのゆうぞうさんは知らなくっても
結構、最近はTVでお見かけしますんで
そこそこ、認知されてるかもしれませんね。

同じ「徳島県民」として、私は応援してますよー!
by ももじ (2008-06-29 13:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。